固定記事(通常の記事はこの下から)

このブログ名にもある「カードが違います」に関しては←のプロフィール欄か、以下の記事を参照。
>>「カードが違います」は何が違う?



☞2017年度遊戯王OCG検定は終了しました。
https://www.db.yugioh-card.com/yugiohdb/rule_master

☞パーフェクトルールブック2017の誤植と思われる箇所

※6/2訂正 「ダメージステップ開始時」について誤植ではなく、正しい内容であったため削除。
 かつてはダメージステップ開始時にはフリーチェーンの効果を発動可能がタイミングは1度しかなかったが、現在は複数回別チェーンにて発動することが可能(ダメージ計算前と同様の扱い)。



誤植箇所訂正
P184 「スタートステップ」

スタートステップ開始時に発動する効果や、適用される効果の処理を行う。

バトルフェイズ開始時に発動する効果や、適用される効果の処理を行う。

※テキストに「バトルフェイズ開始時」と書かれている場合、「スタートステップ」を指す。なお、「スタートステップ開始時」という言葉はテキストでは現在のところ使われていない。
P188 「ダメージステップ」

ダメージステップでは、基本的に「カードを発動する」優先権を得ているプレイヤーでも必ず発動する効果以外のカードの発動ができない。ただし、例外として以下の効果を持つカードは発動できる。
カウンター罠/カード・効果の発動を無効にする効果/…

カウンター罠/カード・効果の発動を無効にする誘発即時効果/…

※「発動を無効にする」効果であっても、カウンター罠以外の罠カード・速攻魔法などはダメージステップには発動できない。
P194 「エンドステップ」

『バトルフェイズ終了時まで』や、『バトルフェイズ中』に適用される効果は、エンドステップでお互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、全てのカードの処理が終わった時まで適用される。

『バトルフェイズ中』に適用される効果は、エンドステップでお互いのプレイヤーが「カードを発動する」優先権を放棄し、全てのカードの処理が終わった時まで適用される。

※「~フェイズまで」適用される効果は、そのフェイズ中の任意のタイミングに適用を終了させる必要がある。
「バトルフェイズ終了時まで」という指定は「エンドステップまで」というステップを指定したテキストなので、やはりエンドステップの任意のタイミングに適用を終わらせる事になる(「バトルフェイズ中」適用される効果とは異なる)。
P234  「問題11の解説」

[A]・[E]は墓地のモンスターを特殊召喚する効果、[B]は墓地のモンスターをデッキに戻す効果、[C]は墓地のモンスターを除外する効果なので「王家の眠る谷-ネクロバレー」の効果適用中は発動自体ができない。
[A]・[E]は墓地のモンスターを特殊召喚する効果、[B]は墓地のモンスターをデッキに戻す効果なので無効化される。[C]は墓地のモンスターを除外する効果であり「王家の眠る谷-ネクロバレー」の効果適用中は発動自体ができない。

スポンサーサイト

英語版マキシマム・クライシス先行発売カードのルール読解(1/2)

英語版マキシマム・クライシス(MAXIMUM CRISIS)の先行発売ワールドプレミアカードのルールを読み解く(MACR000,MACR81~085)。

>>英語版レイジング・テンペスト読解  

⚠ 注意 筆者は何の権限も持ちません。
遊戯王TCGのPSCTによる情報と、遊戯王OCGの既存ルールを利用しています。

⚠ 注意 日本語版発売後は公式のルールに従ってください。
日本語化の際に内容の変更を受ける場合(《レジェンド・オブ・ハート》)や、既存ルールが変更される場合(《聖剣を抱く王妃ギネヴィア》)もあります。

⚠注意 カード名が日本語名になっているものは、すでに公式から日本語訳が公開されているカードです。テーマの名称に関しても明らかになっている日本語名をできる限り使用する方針です。
当然ながら公式裁定は出されていないため、ルールは筆者によるOCG、TCGテキストからの解釈となります。
また、未発売カードであるため、製品版のテキストは異なる場合があります。




MACR-EN000 《Pendulum Switch》

macr000.jpg

永続罠カード

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを特殊召喚する。
②:自分のモンスターゾーンのPモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。そのモンスターを自分のPゾーンに置く。

このカードの発動は、ダメージステップ以外ならいつでもできる。


このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。そのカードを特殊召喚する。
▼チェーンブロックを作る効果
▽自分のPゾーンのカードを対象にとる。
融合モンスターでもある《覇王龍ズァーク》などは、一度正規の方法で特殊召喚した後にペンデュラムゾーンに置かれている場合にのみ対象にできる(蘇生制限)。
▽ダメージステップには発動できない。

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:自分のモンスターゾーンのPモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。そのモンスターを自分のPゾーンに置く。
▼チェーンブロックを作る効果。
▽自分のモンスターゾーンのPモンスターを対象にとる。
▽ダメージステップには発動できない。



MACR-EN081 《竜巻竜》

macr081.jpg

ランク4 風属性 【幻竜族/エクシーズ/効果】

レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
ATK/2100 DEF/2000


①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
▼誘発即時効果で、フィールドの魔法・罠カードを対象にとる。
▽取り除くエクシーズ素材はコスト。
▽ダメージステップには発動できない。



▼「Subterror/サブテラー」シリーズ

subterror.jpg

「Subterror Behemoth/サブテラーマリス」モンスター共通効果
※共通効果の公式日本語訳が公開されているため、効果の数字(①、②)を正しいものに変更しています。


①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
▼手札で発動する誘発効果で、対象をとらない効果。
▽チェーン2以降に裏側表示になった場合、この効果を発動する事はできない。
▽複数の「Subterror Behemoth/サブテラーマリス」が手札にある場合でも、1度のタイミングに1体しかこの効果を発動できない。
▽非公開の手札から発動する効果のため、罠カード等スペルスピード2の効果にチェーンして発動できる。
▽英語テキストでは(except during the Damage Step)の制限がないため、ダメージステップでも発動可能。
だが、現状の遊戯王OCGのルールでは、この発動条件ではダメージステップには発動できない。

②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
▼起動効果で、対象をとらない効果。
▽この効果を発動して裏側表示になった後、同じターンに表側表示に戻ったとしても再びこの効果を発動する事はできない(1ターンに1度がリセットされない)。



MACR-EN082 《Subterror Fiendess》

macr082.jpg

レベル1 地属性 【魔法使い族/効果】

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がカードの効果を発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。その発動を無効にする。その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
②:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にし、自分の手札・墓地から「サブテラー」モンスター1体を選んで表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
ATK/800 DEF/500

このカードの日本語名は、「サブテラー」と名のつくカードに含まれる。


このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手がカードの効果を発動した時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分フィールドの「サブテラー」モンスター1体を対象として発動できる。その発動を無効にする。その後、対象のモンスターを裏側守備表示にする。
▼手札・フィールドで発動する誘発即時効果で、自分の「サブテラー」モンスターを対象にとる。
▽相手が発動した、魔法・罠カード、魔法・罠カードの効果、モンスター効果のいずれかに直接チェーンして発動する。
▽このカードを墓地へ送るのはコスト。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽『発動を無効にする』の後に『裏側守備表示にする』を行う連続した処理。
▽効果処理時に対象の「サブテラー」モンスターが存在しなくなっている場合でも、発動を無効にする処理は行われる。

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にし、自分の手札・墓地から「サブテラー」モンスター1体を選んで表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
▼起動効果
▽自分の表側表示モンスターを対象にとる。
このカード自身を対象とする事もでき、その場合でも全ての処理が適用される。
裏側守備表示のない、リンクモンスターやトークンは対象にできない。
▽『裏側守備表示にし』と『特殊召喚する』は同時に行われる。
▽手札と墓地のどちらにも特殊召喚可能な「サブテラー」モンスターが存在しない場合は発動できない。



MACR-EN083 《Subterror Behemoth Phospheroglacier》

macr083.jpg

レベル8 地属性 【水族/リバース/効果】

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。デッキからカード1枚を墓地へ送る。
ATK/2600 DEF/2500

このカードの日本語名は、「サブテラー」と名のつくカード、「サブテラーマリス」と名のつくカードに含まれる。


①、②の共通効果は上記を参照。


このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。デッキからカード1枚を墓地へ送る。
▼誘発効果で、対象をとらない効果。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽チェーン2以降にこのカードがリバースした場合でも、タイミングを逃さず発動できる。



MACR-EN084 《サブテラーマリス・エルガウスト》

macr084.jpg

レベル11 地属性 【悪魔族/リバース/効果】

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターが守備表示の場合、表側攻撃表示にする。そのモンスターの攻撃力は0になる。
ATK/3000 DEF/1400


①、②の共通効果は上記を参照。


このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターが守備表示の場合、表側攻撃表示にする。そのモンスターの攻撃力は0になる。
▼誘発効果
▽フィールドのモンスターを対象にとる。
裏側守備表示のモンスターを対象にすることもできる。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽チェーン2以降にこのカードがリバースした場合でも、タイミングを逃さず発動できる。
▽攻撃表示モンスターを対象にした場合、「攻撃力は0になる」処理のみ行う。

⚠英語テキストによると、「表側攻撃表示にする」と「攻撃力は0になる」は同時。
日本語テキストからは読み取り難い内容。



MACR-EN085 《サブテラーの決戦》

macr085.jpg

通常罠カード

①:以下の効果から1つを選択して発動できる。発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。
●:自分フィールドの裏側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
●:フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。
●:フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選び、そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、その元々の攻撃力と守備力を合計した数値になる。
●:このターン、「サブテラー」カードの発動する効果は無効化されない。


①:以下の効果から1つを選択して発動できる。発動後このカードは墓地へ送らず、そのままセットする。
▼このカードを発動した際の効果処理。
▽発動時に、4つの「●:」の効果の内、どの効果を発動するかを選択する。
▽効果処理時にこのカードが魔法&罠ゾーンに残っている場合、再び魔法&罠ゾーンにセットする。
なお、セットされたターンには発動できない。
▽選択した効果が不発になる場合でも、このカードをセットする処理は行う。
発動や効果が無効になった場合は、「そのままセットする」もまとめて無効となる。
▽「●:」の処理を行った後でこのカードをセットするため、「サブテラーマリス」が自身を手札から特殊召喚する共通効果はタイミングを逃し、発動できない。
このカードが破壊されるなどして、セットする処理を行えない場合でもタイミングを逃す。

●:自分フィールドの裏側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで表側攻撃表示または表側守備表示にする。
▼対象をとらない効果。
▽ダメージステップには発動できない。

⚠英語版テキストでは"Set "Subterror"monster on the fieldフィールドの裏側表示の「サブテラー」モンスター)"と記載されているが、日本語版との処理の違いはないと考えられる。
《超融合》の裁定に見られるように、裏側表示モンスターの情報を参照して選べる場合でも、相手フィールドの裏側表示モンスターまでは利用できないためだ。

●:フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。
▼対象をとらない効果。
▽ダメージステップには発動できない。

●:フィールドの表側表示の「サブテラー」モンスター1体を選び、そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、その元々の攻撃力と守備力を合計した数値になる。
▼対象をとらない効果
▽ダメージステップでも、ダメージ計算前までなら発動可能。
▽例えば攻撃力3000守備力1400の《サブテラーマリス・エルガウスト》を選んだ場合、攻撃力も守備力も4400(3000+1400)となる。
なお、この効果で変化した攻撃力・守備力は元々の数値として扱わない。

●:このターン、「サブテラー」カードの発動する効果は無効化されない。
▼対象をとらない効果
▽ダメージステップには発動できない。
▽「サブテラー」カードなら、モンスターだけでなく、発動した魔法・罠カードの効果も無効化されない。
(このカードの効果自体を無効化される場合、まだ「無効化されない」効果が適用される前であるため、無効化を防ぐ事はできない)
▽フィールドだけでなく、手札や墓地で発動した効果も無効化されない。
▽この効果の適用後にフィールドに出た「サブテラー」カードが発動した効果も無効化されない。

⚠『効果は無効化されない』とあるが、《スキルドレイン》や《灰流うらら》などの「効果を無効」にする効果だけでなく、《神の通告》などの「発動を無効」にする効果も防ぐ事ができると思われる。
ただし、前例は《ビークロイド・コネクションゾーン》だけのため、発売後の裁定の確認は必要。


>>MACR086~089(「SPYRAL」シリーズ)の読解へ


英語版マキシマム・クライシス先行発売カードのルール読解(2/2)

英語版マキシマム・クライシス(MAXIMUM CRISIS)の先行発売ワールドプレミアカードのルールを読み解く(MACR086~089(「SPYRAL」シリーズ))。

⚠ 注意 筆者は何の権限も持ちません。
遊戯王TCGのPSCTによる情報と、遊戯王OCGの既存ルールを利用しています。

⚠ 注意 日本語版発売後は公式のルールに従ってください。
日本語化の際に内容の変更を受ける場合(《レジェンド・オブ・ハート》)や、既存ルールが変更される場合(《聖剣を抱く王妃ギネヴィア》)もあります。

⚠注意 カード名が日本語名になっているものは、すでに公式から日本語訳が公開されているカードです。テーマの名称に関しても明らかになっている日本語名をできる限り使用する方針です。
当然ながら公式裁定は出されていないため、ルールは筆者によるOCG、TCGテキストからの解釈となります。
また、未発売カードであるため、製品版のテキストは異なる場合があります。


>>MACR000,MACR81~085の読解へ



▼「SPYRAL」シリーズ

spyral.jpg



MACR-EN086 《SPYRAL-ボルテックス》

macr086.jpg

レベル8 光属性 【悪魔族/特殊召喚/効果】

このカードは通常召喚できない。自分の墓地の「SPYRAL」カード3枚を除外した場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL」カード1枚と、相手フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分フィールドのカードを全て破壊し、自分の手札・デッキ・墓地から「SPYRALーダンディ」1体を選んで特殊召喚する。
ATK/2800 DEF/1200


このカードは通常召喚できない。自分の墓地の「SPYRAL」カード3枚を除外した場合のみ特殊召喚できる。
▼特殊召喚モンスターの特殊召喚手順(モンスター効果として扱わない)
▽チェーンブロックは作られない。
▽自分メインフェイズに、手札から特殊召喚する。
▽墓地の「SPYRAL」カード3枚を除外した後で、このカードを特殊召喚する。
▽この方法で特殊召喚した後であっても、墓地から《死者蘇生》などで特殊召喚できない。

①:1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL」カード1枚と、相手フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
▼誘発即時効果で、自分のカード1枚と相手のカード2枚までを対象にとる。
相手のカードは1枚または2枚選択する必要がある。
自分フィールドのカードとして、このカード自体を選択する事もできる。
▽ダメージステップには発動できない。
▽対象とした3枚のうち、いずれかがフィールドに存在しなくなっている場合でも、残りのカードは破壊する。

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。自分フィールドのカードを全て破壊し、自分の手札・デッキ・墓地から「SPYRALーダンディ」1体を選んで特殊召喚する。
▼必ず発動する誘発効果で、対象をとらない効果。
▽ダメージステップに効果で破壊された場合や、チェーン2以降に発動した効果で破壊された場合でも発動する。
▽『全て破壊し、』と『特殊召喚する』は同時。
▽この効果で自分フィールドのカードが1枚でも破壊されたなら、『特殊召喚する』処理を行う(1枚も破壊されなかった場合は特殊召喚できない)。
▽特殊召喚可能な《SPYRAL-ダンディ》が存在しない場合でも、『全て破壊し、』の処理は行う。



MACR-EN087 《SPYRAL GEAR - Last Resort》

macr087.jpg

レベル4 地属性 【機械族/効果】

①:自分メインフェイズに自分フィールドの「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
②:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、装備モンスターは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
③:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。装備モンスターはこのターン直接攻撃できる。
ATK/1000 DEF/1000

①:自分メインフェイズに自分フィールドの「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
▼手札またはフィールドで発動する起動効果で、自分の「SPYRAL」モンスターを対象にとる。

②:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、装備モンスターは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
▼①の効果で装備されている間適用される、装備魔法カードとしての効果。
▽チェーンブロックを作らない。
▽相手は効果の発動時に、このカードの装備モンスターを選択する事ができない。

③:このカードの効果でこのカードが装備されている場合、1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。装備モンスターはこのターン直接攻撃できる。
▼①の効果で装備されている場合に使用可能となる、装備魔法カードとしての効果。
▽自分ターンのメインフェイズ1にチェーンブロックを作って発動する効果。
▽対象をとらない効果。
▽自分フィールドのカードを墓地へ送るのはコスト。
▽この効果の適用後にこのカードの装備が外れたとしても、直接攻撃は行えるままとなる。



MACR-EN088 《SPYRAL GEAR-エクストラアームズ》

macr088.jpg

装備魔法カード

「SPYRAL-ダンディ」にのみ装備可能。
①:装備モンスターの攻撃力は1000アップする。
②:装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。相手フィールドのカード1枚を選び、そのカードと破壊したモンスターを除外する。
③:フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「SPYRAL-ダンディ」1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。


①:装備モンスターの攻撃力は1000アップする。
▼チェーンブロックを作らない効果

②:装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。相手フィールドのカード1枚を選び、そのカードと破壊したモンスターを除外する。
▼チェーンブロックを作る効果
▽対象をとらない効果
▽戦闘破壊したモンスター以外のカードが相手フィールドに存在しない場合、この効果は発動できない。

⚠この効果の発動タイミングは不明。
「戦闘で破壊した場合」の効果は通常「ダメージステップ終了時」に発動する。しかしながら、戦闘破壊したモンスターを除外する効果の場合、「ダメージ計算後」に発動しフィールドから直接除外する効果も存在する。
発動タイミングによって、以下の処理の違いが現れる。

(ⅰ)ダメージステップ終了時
▽戦闘で相打ちになった場合は発動できない。
▽戦闘破壊されたモンスターは墓地(破壊された先)から除外される。
《マクロコスモス》などですでに除外されていた場合は、この効果を発動できない。
▽戦闘破壊されたモンスターの効果は、この効果とチェーンにて発動可能。

(ⅱ)ダメージ計算後
▽戦闘で相打ちになった場合でも、《SPYRAL GEAR-エクストラアームズ》はまだフィールド上に存在するため発動できる。
▽戦闘破壊されたモンスターをフィールドから直接除外する。
▽この効果により除外されるため、モンスターは戦闘破壊されたと扱わず、「戦闘で破壊された場合」の効果は発動しない。

③:フィールドの表側表示のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「SPYRAL-ダンディ」1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
▼チェーンブロックを作る効果
▽自分の墓地の「SPYRAL-ダンディ」を対象にとる。
▽このカードが効果で破壊された場合だけでなく、装備モンスターが存在しなくなった事でルールにより破壊されたときでも発動できる。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽チェーン2以降に発動した効果で破壊された場合には、タイミングを逃すため発動できない。



MACR-EN089 《SPYRAL MISSION - Rescue》

macr089.jpg

永続罠カード

このカードは発動後、3回目の自分エンドフェイズに破壊される。
①:「SPYRAL MISSION - Rescue」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:1ターンに1度、自分の墓地の「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
③:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

このカードの発動は、ダメージステップ以外ならいつでも可能。


このカードは発動後、3回目の自分エンドフェイズに破壊される。
▼カードの効果として扱わない
▽破壊される際にチェーンブロックは作られない。
▽効果によって破壊された事にはならない。

①:「SPYRAL MISSION - Rescue」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
▼チェーンブロックを作らない効果
▽1枚目が表側表示で存在する場合、2枚目を発動する事はできない。

②:1ターンに1度、自分の墓地の「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
▼チェーンブロックを作る効果
▽自分の墓地の「SPYRAL」モンスターを対象にとる。
▽ダメージステップには発動できない。

③:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
▼墓地で発動し、チェーンブロックを作る効果
▽このカードの除外はコスト。
▽自分の墓地の「SPYRAL」モンスターを対象にとる。
▽ダメージステップには発動できない。

英語版レイジング・テンペスト先行発売カードのルール読解(1/2)

英語版レイジング・テンペスト(RAGING TEMPEST)の先行発売ワールドプレミアカードのルールを読み解く(RATE000,RATE81~085)。

英語版マキシマム・クライシス読解<<

>>英語版インベイジョン・オブ・ヴェノム読解  

⚠ 注意 筆者は何の権限も持ちません。
遊戯王TCGのPSCTによる情報と、遊戯王OCGの既存ルールを利用しています。

⚠ 注意 日本語版発売後は公式のルールに従ってください。
日本語化の際に内容の変更を受ける場合(《レジェンド・オブ・ハート》)や、既存ルールが変更される場合(《聖剣を抱く王妃ギネヴィア》)もあります。

⚠注意 カード名が日本語名になっているものは、すでに公式から日本語訳が公開されているカードです。テーマの名称に関しても明らかになっている日本語名をできる限り使用する方針です。
当然ながら公式裁定は出されていないため、ルールは筆者によるOCG、TCGテキストからの解釈となります。
また、未発売カードであるため、製品版のテキストは異なる場合があります。




RATE-EN000 《Fusion Recycling Plant》

rate000.jpg

フィールド魔法カード

①:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。デッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。
②:エンドフェイズに1度、このターンに融合召喚の素材として使用された、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

このカードは、「融合」または「フュージョン」のいずれかが名前に入る魔法カード(「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード)。
(この2つはペアで指定されるため、どちらに属する場合でも使い勝手は変わらない)


①:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。デッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。
▼チェーンブロックを作る効果
▽自分ターンのメインフェイズに発動できる(スペルスピード1)。
▽手札を捨てるのはコスト
▽対象をとらない効果
▽この効果で手札に加える事ができるのは《融合》のみ。
  《超融合》などを手札に加える事はできない(《置換融合》は「融合」として扱うため手札に加える事ができる)。

②:エンドフェイズに1度、このターンに融合召喚の素材として使用された、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
▼チェーンブロックを作る効果
▽融合召喚の素材とした自分の墓地のモンスターを対象にとる。
▽相手の《超融合》によって融合素材にされたモンスターが自分の墓地へ送られていた場合でも発動できる。
▽融合素材に使用された後、除外されたり特殊召喚されたりしたモンスターは、その後墓地に置かれてもこの効果の対象にできない。



RATE-EN081 《Sea Monster of Theseus》

rate081.jpg

レベル5 水属性 【アンデット族/融合/チューナー】

チューナー×2

ATK/2200 DEF/1800

▼効果を持たない融合モンスター。
「通常モンスター」ではないが、「効果モンスター以外のモンスター」というくくりに入る。




▼「Subterror/サブテラー」シリーズ

subterror.jpg

「Subterror Behemoth/サブテラーマリス」モンスター共通効果
※共通効果の公式日本語訳が公開されているため、この記事より効果の数字(①、②)を正しいものに変更しています。


①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。

①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
▼手札で発動する誘発効果で、対象をとらない効果。
▽チェーン2以降に裏側表示になった場合、この効果を発動する事はできない。
▽複数の「Subterror Behemoth/サブテラーマリス」が手札にある場合でも、1度のタイミングに1体しかこの効果を発動できない。
▽非公開の手札から発動する効果のため、罠カード等スペルスピード2の効果にチェーンして発動できる。
▽英語テキストでは(except during the Damage Step)の制限がないため、ダメージステップでも発動可能。
だが、現状の遊戯王OCGのルールでは、この発動条件ではダメージステップには発動できない。

②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
▼起動効果で、対象をとらない効果。
▽この効果を発動して裏側表示になった後、同じターンに表側表示に戻ったとしても再びこの効果を発動する事はできない(1ターンに1度がリセットされない)。



RATE-EN082 《Subterror Nemesis Defender》

rate082.jpg

レベル2 地属性 【獣戦士族/効果】

①:自分の裏側表示モンスター1体のみが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象になった時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、その裏側表示モンスター以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その対象を正しい対象となるそのモンスター移し替える。
②:自分フィールドに裏側表示モンスターが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。
ATK/100 DEF/2000

このカードの日本語名は、「サブテラー」と名のつくカードに含まれる。


①:自分の裏側表示モンスター1体のみが相手の効果の対象になった時、または相手モンスターの攻撃対象になった時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、その裏側表示モンスター以外の自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。その対象を正しい対象となるそのモンスター移し替える。
▼手札またはフィールドで発動できる、誘発即時効果
▽相手が発動した効果または攻撃の対象として、正しい対象となる自分のモンスター1体を対象にとる。
▽このカードを墓地へ送るのはコスト。
▼相手の効果の対象を移し替える場合
▽自分の裏側表示モンスター1体のみを対象とする相手の効果に直接チェーンして発動する。
▽モンスター効果の発動、魔法・罠カードの発動、魔法・罠カードの効果の発動、どれにチェーンすることもできる。
▽ダメージステップには発動できない。
▼攻撃対象を移し替える効果
▽フィールドのこのカードをコストにした場合でも、戦闘の巻き戻しは起きない(戦闘の巻き戻しが起きる前に、新しい攻撃対象が選ばれるため)。
▽攻撃対象を移し替えた後もダメージステップに入るまでの間に効果を発動する事は可能。
▽この効果の処理によって新たなモンスターが「攻撃対象に選択された」事になるが、続けて2枚目の《Subterror Nemesis Defender》の効果を発動し、さらに移し替える事はできない。

②:自分フィールドに裏側表示モンスターが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。
▼永続効果
▽このカードが表側表示で、他に自分の裏側表示モンスターが存在する間だけ適用される効果



RATE-EN083 《Subterror Behemoth Dragossuary》

rate083.jpg

レベル6 地属性 【アンデット族/リバース/効果】

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。このターン、自分フィールドの「サブテラー」カードは相手の効果では破壊されない。
ATK/2400 DEF/1600

このカードの日本語名は、「サブテラー」と名のつくカード、「サブテラーマリス」と名のつくカードに含まれる。


①、②の共通効果は上記を参照。


このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがリバースした場合に発動できる。このターン、自分フィールドの「サブテラー」カードは相手の効果では破壊されない。
▼誘発効果で、対象をとらない効果。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽チェーン2以降に発動した効果によりリバースした場合でも発動できる。
▽この効果が適用された後でフィールドに出たり、新たに表側表示になった「サブテラー」カードにも効果が適用される。(「サブテラー」カードであっても、裏側表示のまま効果で破壊される場合には適用されない)。



RATE-EN084 《Subterror Behemoth Voltelluric》

rate084.jpg

レベル9 地属性 【雷族/リバース/効果】

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
②:自分メインフェイズに発動できる。このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
③:このカードがリバースした場合、相手フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。次の自分のエンドフェイズまで、そのモンスターのコントロールを得る。
ATK/1900 DEF/3000

このカードの日本語名は、「サブテラー」と名のつくカード、「サブテラーマリス」と名のつくカードに含まれる。


①、②の共通効果は上記を参照。


このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがリバースした場合、相手フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。次の自分のエンドフェイズまで、そのモンスターのコントロールを得る。
▼誘発効果
▽相手の裏側表示モンスター1体を対象にとる。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽チェーン2以降にこのカードがリバースした場合でも発動できる。
▽この効果にチェーンした効果によって、対象のモンスターが表側表示になったとしてもコントロールを得る。
▽次の自分のエンドフェイズにコントロールが戻る際に、チェーンブロックは作られない。



RATE-EN085 《Subterror Cave Clash》

rate085.jpg

永続魔法カード

①:自分フィールドの「サブテラー」モンスターの攻撃力・守備力は、フィールドの裏側表示モンスターの数×500アップする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「サブテラー」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、「Subterror Cave Clash」以外の自分の墓地の「サブテラー」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

このカードの日本語名は、「サブテラー」と名のつくカードに含まれる。


①:自分フィールドの「サブテラー」モンスターの攻撃力・守備力は、フィールドの裏側表示モンスターの数×500アップする。
▼チェーンブロックを作らない効果
▽攻撃力・守備力がアップするのは自分の「サブテラー」モンスターだけだが、アップする数はお互いの裏側表示モンスターを数える

②:1ターンに1度、自分フィールドの「サブテラー」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時、「Subterror Cave Clash」以外の自分の墓地の「サブテラー」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
▼チェーンブロックを作る効果
▽自分の墓地の「サブテラー」カード1枚を対象にとる。
▽自分の「サブテラー」モンスターが戦闘ダメージを与えた場合、ダメージ計算後に発動する。
▽自分・相手どちらからの攻撃でも、直接攻撃でも発動可能。


>>RATE086~089(「SPYRAL」シリーズ)の読解へ

英語版レイジング・テンペスト先行発売カードのルール読解(2/2)

英語版レイジング・テンペスト(RAGING TEMPEST)の先行発売ワールドプレミアカードのルールを読み解く(RATE086~089(「SPYRAL」シリーズ))。

⚠ 注意 筆者は何の権限も持ちません。
遊戯王TCGのPSCTによる情報と、遊戯王OCGの既存ルールを利用しています。

⚠ 注意 日本語版発売後は公式のルールに従ってください。
日本語化の際に内容の変更を受ける場合(《レジェンド・オブ・ハート》)や、既存ルールが変更される場合(《聖剣を抱く王妃ギネヴィア》)もあります。

⚠注意 カード名が日本語名になっているものは、すでに公式から日本語訳が公開されているカードです。テーマの名称に関しても明らかになっている日本語名をできる限り使用する方針です。
当然ながら公式裁定は出されていないため、ルールは筆者によるOCG、TCGテキストからの解釈となります。
また、未発売カードであるため、製品版のテキストは異なる場合があります。


>>RATE000,RATE081~085の読解へ



▼「SPYRAL」シリーズ

spyral.jpg



RATE-EN086 《SPYGAL-ミスティ》

rate086.jpg

レベル4 闇属性 【魔法使い族/効果】

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、自分はデッキから1枚ドローする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL-ダンディ」1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター2体を持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
ATK/1500 DEF/1600


このカードは、「SPYRAL」カードではない。


①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、自分はデッキから1枚ドローする。
▼誘発効果で、対象をとらない効果。
▽ダメージステップでも発動できる。
▽チェーン2以降に召喚・特殊召喚された場合でも、タイミングを逃さずに発動できる。
▽この効果の発動時に、モンスター・魔法・罠のいずれかを宣言する。
▽確認したカードは、元の通り相手のデッキの一番上に戻す。

②:1ターンに1度、自分フィールドの「SPYRAL-ダンディ」1体と相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター2体を持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
▼誘発即時効果
▽自分・相手フィールドの2枚のカードを対象にとる
▽ダメージステップには発動できない。
▼効果処理について
▽対象のモンスターが裏側表示になったり、コントロールを移動していたとしても、手札に戻す。
▽一方のモンスターがフィールドに存在しなくなっていた場合、もう一方のモンスターも手札に戻らない。



RATE-EN087 《SPYRAL Tough》

rate087.jpg

レベル4 風属性 【戦士族/効果】

①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「SPYRAL-ダンディ」として扱う。
②:1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、対象のカードを破壊する。
ATK/1900 DEF/1500

①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「SPYRAL-ダンディ」として扱う。
▼いずれの効果分類にも含まれない効果
▽フィールド・墓地以外では「SPYRAL Tough」のため、「SPYRAL-ダンディ」とは別にデッキに3枚入れる事ができる。

②:1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、対象のカードを破壊する。
▼起動効果で、相手のカード1枚を対象にとる。
▽この効果の発動時に、カードの種類一つを宣言する。
▽効果処理で確認したカードは元の通り相手のデッキの一番上に戻す。



RATE-EN088 《SPYRAL GEAR - Utility Wire》

rate088.jpg

通常罠カード

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「SPYRAL-ダンディ」が存在する場合、相手フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。

①:自分フィールドに「SPYRAL-ダンディ」が存在する場合、相手フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。
▽相手の表側表示カードを対象にとる。
▽ダメージステップには発動できない。
▽このカードにチェーンした効果によって「SPYRAL-ダンディ」が存在しなくなったとしても、『一番上に戻す』処理は適用される。



RATE-EN089 《SPYRAL MISSION-奪還》

rate089.jpg

永続罠カード

このカードは発動後、3回目の自分エンドフェイズに破壊される。
①:1ターンに1度、自分フィールドに「SPYRAL」モンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは、このターン直接攻撃できない。
②:自分フィールドの「SPYRAL」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、その破壊されるモンスター1体の代わりに墓地のこのカードを除外できる。


このカードは発動後、3回目の自分エンドフェイズに破壊される。
▼カードの効果として扱わない。
▽破壊される際に、チェーンブロックを作らない。

①:1ターンに1度、自分フィールドに「SPYRAL」モンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは、このターン直接攻撃できない。
▼チェーンブロックを作る効果
▽相手モンスター1体を対象にとる
▽ダメージステップには発動できない。
▽チェーン2以降に「SPYRAL」モンスターが特殊召喚された場合でも、タイミングを逃さずに発動できる。
▽エンドフェイズにコントロールが戻る際には、チェーンブロックは作られない。

②:自分フィールドの「SPYRAL」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、その破壊されるモンスター1体の代わりに墓地のこのカードを除外できる。
▼チェーンブロックを作らない効果
▽ダメージステップ中に効果で破壊される場合でも適用できる。
▽戦闘で破壊される場合、ダメージ計算後ただちにこのカードを除外する。
▽複数の「SPYRAL」モンスターが同時に破壊される場合でもこの効果を適用できるが、守る事ができるのは1体のみ。
▽このカードが2枚以上墓地に存在するなら、その枚数分の「SPYRAL」モンスターを守る事ができる。
プロフィール

やぶうちへび

Author:やぶうちへび
Q.カードが違うとはどういう事ですか?
A.遊戯王では効果のキーワード化を行わず、文章によるテキストとして表記しています。そのため、使われている用語が違っていたり、一部のテキストが類似していてもその前後の文章や効果の分類、カードの種類などが異なる場合、異なるルールが与えられることがあります。また、カードの中にはテキストに不備があるものも存在します。将来的なエラッタは期待されていますが、遊戯王では再録時以外にエラッタが行われないため即座に修正される事はありません。これは現在のテキストの型が当てはまらない古いカードに典型的ですが、カードプール増加によってルールに変更が加えられたり、特定のカードとの関係が問題となった場合にも起こる事があります。こういった理由から、テキストが類似しているカードでもルールが異なる場合があるのです。

Flashカレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR